滅びゆく旧来型商社、日本企業は外資に買収… 10年後のアパレル業界予測

ユニクロ世界一、滅びゆく旧来型商社、日本企業は外資に買収… 10年後のアパレル業界予測 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
2030年のアパレル業界はどうなっているだろうか。グローバルベースでは何が起こり、それに合わせて日本市場はどう変わっていくのか。大量生産からの転換はあるのか、またアパレル企業が生き残るため主要KPIは何にとって変わられるのか?変化の諸相を読み解いた。 10年以内にユニクロが世界一になる理由 _ ユニクロ世界一、滅びゆく...

異次元の金融緩和が、日本企業の買収を容易にした結果、日本企業がどんどん外国企業になっていく現状で起こること。

》日本市場の成長は止まり、乱発貨幣のつけで円安が進み、外資によるM&A(合併・買収)によって、私たちの上司は中国人か欧米人になる。

》すでに、その兆候はでているではないか。今は無きレナウン、マークスタイラー、バロックジャパンリミテッドなどは、中国の会社だ。

》これからの5年、10年、語学が話せず、あうんで仕事をしてきた人は仕事がなくなってゆく。また、語学ができるだけではダメで、外国人とのコミュニケーションは論理と事実だけがベースとなる。

タイトルとURLをコピーしました