老後のための趣味探し

老後,趣味,趣味探し,生き甲斐,モテる,ランキング,園芸,

人生80年というのが当たり前の時代になりました。 

 

栄養環境が改善され、タンパク質の摂取量が増えた結果、若くして死ぬ人の割合が減り平均寿命が延びました。 

 

また健康情報も健康産業の発展によって、至る所で有益な情報がもたらされるようになりました。 

 

その結果、日本人の多くが80歳を迎えるまで生き続けることになったのです。 

 

ウチの父親など、80を超えてもぴんぴんしています。 

 

私もきっとそれくらいまでは生きるんでしょうね。 

 

となると、色々考えることがあります。 

 

老後はどうしよう、っていうのが一番です。 

 

老後の生活費、老後の健康、老後の楽しみ。 

 

お金や健康があっても、年を取ってもやることがないって言うのが一番怖い。 

 

死ぬまで働ければ、それはそれで退屈しないのでしょうが、何か趣味が欲しい。 

 

趣味があれば、健康にも寄与するでしょうし、生き甲斐も湧く。 

 

でも、年を取ってからも続けられる趣味って、そうそう無いんですね。 

 

若い頃からずっと続けている趣味でも、体力が必要だったりお金が必要だったりすると、続けるのがなかなか難しかったりする。 

 

続かない趣味は、趣味じゃありませんよね。 

 

好きだから続くし、続けられるから「趣味」って言えるんです。 

 

じゃあどんな趣味が良いんでしょう。 

 

それをこのサイトでは考えることにします。 

 



婚活のための趣味探し

婚活(こんかつ)・結婚のための趣味探しも必要でしょう。 

 

結婚相手とどこで知り合ったか、と言うアンケートを採ると、「大学や会社の同好会・サークル」「趣味のサークル」という項目が必ず出てきます。 

 

身近でよく知る人と結婚する場合、接触頻度の高い同好会やサークルと言った場所が有効なんですね。 

 

合コンや婚活パーティなどでも、ゴルフをやりながら行うコンパ(ゴルフコンパ、ゴルコン)や、テニスをやりながら行うコンパというのが人気だそうです。 

 

ゴルフもテニスもイギリス貴族が楽しみに始めて広まったものですが、老若男女が一緒に楽しめる工夫があって、婚活などにも有効なようです。 

 

ゴルフやテニス以外にも、様々なスポーツのサークルがあって、そこから結構カップルが出来て結婚していったりします。 

 

なので趣味というのは、結婚相手を見つけたりするにも有効なわけですね。 

 

じゃあ、どういう趣味が婚活に役立つのか。 

 

その辺も合わせて考えていきたいところ。 

 

いくら自分が楽しくてやっている趣味でも、異性に引かれるような趣味の場合、婚活には役立ちません。 

 

特に40前後まで独身だったのに、慌てて婚活を始めるような場合では、無趣味だと難しいでしょう。 

 

結婚できる趣味、結婚後も老後もできる趣味。 

 

そう言う趣味が必要です。 

 

NEXT:これから習いたい趣味とは

更新履歴