首コリをとる、セルフマッサージ法・その他

首コリは、重い頭を支えるために、首や肩の筋肉が酷使されたり、緊張しっぱなしになることで起こる。

 

なので首コリをとろうと思ったら、根本的に姿勢を正す必要がある

 

もちろん目の使いすぎだとか、内臓の病気によるコリ(内臓体反射)というのもあるのだろう。

 

が、首や頭の筋肉というのは細い筋肉の集合体だから、それぞれがスムーズに協力して動く状態でないと、結局、コリがコリを生むってことになる。

 

首コリだから、首の部分のコリだけ治せばいいと思って、マッサージャーや、インドメタシンなどの湿布薬を使っても、しばらくしたら、すぐにまたコリが戻ってくるような場合は、こっている部分以外に問題があると考えた方が良いかも。

 

それは熱したフライパンの中央だけ、一瞬、冷やしたよう状態であって、すぐに周りから熱が戻ってきて熱くなってしまうような感じで、フライパン自体をさまさないと、結局どこかにコリがでてしまう。

 

まあそれでも、我慢できないコリというのはあるから、それをとるコツを動画から学んでみる。

 



首コリ体操の動画

首コリを緩和するためのコツ・体操の動画です。

 

左右の腕を伸ばして、手のひらを上向けたり下向けたりして、腕の動きで首の筋肉をほぐすというのは、意外とイイです。

 

また、こっている筋肉を軽く指で押えて、同じ事をやってほぐせる場合もあります。

 

ロルフィングや筋膜マッサージなんて言うのは、そう言う手法ですね。

 

こっちの動画は、頭と腕を押し合った状態にして、それをパッと離すと柔軟性が増すという原理を利用したものですね。

 

コントラクションとか言う技法でしたっけ。

 

NEXT:首コリ・背中のコリをとる体操

このサイトの情報は、様々な不快症状に一時的に対処するための情報です。不快症状が続く場合は、必ず病院で検査して医師の診断を受けてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加