woman2

格好良く見えるインナーの正しい付け方

胸が大きくなっても美しく見せるためには、インナーの付け方は重要です。 

 

インナーを着けるとき、間違った付け方では、逆に美しくないバストになることが多いようです。 

 

勘違いとしてよくあるのは、とにかく胸の脂肪を集めてカップに押し込む付け方。 

 

胸の形を意識せず、クッキーの型抜きみたいにむりやり皮下脂肪をカップに押し込んでも、綺麗なバストにはなりません。 

 

バージスライン(バストのアンダー)を、インナーのどこに持って収めるか。 

 

これを意識してインナーを付けないと、窮屈な上に形の悪いバストになります。 

 

高級なインナーには、胸を綺麗に見せる機能もあるので、自分の胸の大きさにピッタリのサイズのモノを選んで、正しい方法でインナーを付ければ、かならず美しいバストラインになるはずです。 

 

大きなサイズのインナーの付け方・動画

バージスラインとカップくりをしっかり合わせることが重要。 

育乳インナーのつけ方・動画

 

左胸の場合、左手で胸の下の腹を押え、右手でストラップを引き上げる。 

 

引き上げるとバージスラインがカップくりを合わせるようにする。 

 

それだけで右バストよりも高い位置に胸が来ているはず。 

 

育乳インナーのつけ方・動画


このエントリーをはてなブックマークに追加

LULUSIA-ルルシア- 35歳向けLP みんなの肌潤ろーしょん みんなの肌潤風呂