老後でもできるスポーツの条件

老後でもできるスポーツの条件

★第1位★人間関係構築の4ステップ孤独にならないための友達の作り方

★第2位★西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディ

中高年のスポーツ事情

老後,趣味,スポーツ,条件

年を取ってからもできるスポーツというと、けっこう限られてくる。

 

年を取っても何でもできる!というような強気な人もいるだろうが、スポーツの種類によっては周囲に心配をかけるようなこともある。

 

老いというのは本人が感じるよりも進んでいることが多い。

 

だから健康のためにスポーツを始めようとして、若いときと同様の気分で始めたら、体調が悪くなったり大けがをして長期入院を余儀なくされたりして、いったい何のためにスポーツを始めたのかよく分からなくなったりする。

 

なので年を取ってからスポーツを始めるのであれば、慎重に種類を選ばないといけない。

 

ポイントはスピードが必要でないスポーツで、そのときの体調に合わせてできるスポーツだ。

 

身体の強さを必要とせず、相手に応じて自分の対応を変える必要のないスポーツと言うことになる。

 

対戦型のスポーツで、相手の素早い動きについて行く必要があるようなスポーツは、中高年には無理だろう。

 

ゴルフ、ボウリング、水泳、ゲートボール、ジョギング。

 

こういうスポーツは、自分なりのタイミングで始められるし、相手の素早い動きに反応しなくても良いスポーツだ。

 

そして関節に負担を掛けないというのも、大事なことだろう。

 

年を取ると何が怖いかって言うと、転倒だ。

 

関節の柔軟性が若い頃と比べて全くと言ってなくなってくるので、ただ歩いたり走ったりと言うことでも、転倒して頭を打ったり骨を折ったりする。

 

だから転倒しない、転倒するリスクの少ないスポーツで、柔軟性を高められるスポーツが、中高年には必要だって事になる。

 

NEXT:老後もできるシニア・ヨガ


スポンサードリンク

スポンサードリンク

友達作り・人脈作り 人気教材ランキング

★第1位★人間関係構築の4ステップ孤独にならないための友達の作り方

★第2位★西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディ

★第3位★友達がいなかった孤独人間が1ヶ月で10人友達作りプログラム

★第4位★「また会いたい」と思われるフレンドリー・アプローチ・メソッド

生活・趣味 人気教材ランキング

★第1位★TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

★第2位★4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める超らく韓国語マスター術

★第3位★ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

★第4位★3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園ハッピーベジタブル

★第5位★自宅でトリミングトイプードルカット5ステップお手入れ方法DVD

★第6位★教習不要!ペーパードライバーらくらく脱出マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加