リフォームして老後に備えよう

リフォームして老後に備えよう

★第1位★人間関係構築の4ステップ孤独にならないための友達の作り方

★第2位★西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディ

老後のためのリフォームは早めにやりたい

老後のためのリフォームは、早めにやりたい。

 

若い頃は考えもしなかったことだが、年を取ると「年は取りたくないもんだな」と思う。

 

老眼になると見えていたはずのモノを見るのも辛くなるし、薬瓶などに書いてある小さな文字も全く読めない。

 

肩はこるしどもならん。

 

増してや五十肩になってしまうと、ちょっとしたことで激痛が走り、マシになるまで半年や一年はかかる。

 

そして膝や腰。

 

柔軟性が無くなり、今まで動けていた動きも難しくなる。

 

ちょっとひねるだけでも痛みが走り、ドタドタ歩かなくてはならなくなる。

 

5ミリもない段差でつまづくようになり、ちょっとしたことで足首も手首も痛めたりする。

 

これは早いうちからリフォームして、老後に備えた方が良いんじゃ無かろうか?年を取ってから車いす生活になるかどうかは二つに一つだが、手すりやスロープ、滑り止めグッズ、一人で風呂に入れるようなモノなど、今から自分でつけておいた方が良いんじゃ無かろうか。

 

ケガをしてからでは遅いし、転んで頭でも打ってしまったら、家族や他人に介護を頼まねばならなくなってしまう。

 

そうなるとお金もかかるし、老後もつまらない老後になってしまう。

 

そういうわけで、老後のための自宅のリフォームについて考えてみる。

 

スポンサードリンク

年を取ったらとにかくケガを避けること!

年を取ってから一番大事なのは、健康だ。

 

特に年を取ってからはケガをしやすくなるので、ケガを避ける生活ができるようにしなければならない。

 

ケガをすると、回復には若いときの何倍も時間がかかる。

 

子供の頃はあっという間に治ったのに、一週間も二週間も治らなかったり、後遺症が残ったりする。

 

元通りになるかどうかも運次第で、そのままダメになる場合も多い。

 

高齢社会白書を読むと、60歳以上の高齢者が転倒すると、なんと12%もの人が骨折して6%は要介護状態になってしまうと言う。

 

たった一回転ぶだけで、その後の人生をベッドか車いすの上で過ごさなければならなくなるリスクがあるわけだ。

 

身体が動く間は、そんな心配など全くしないものだが、統計からはそう言うデータが出ているわけだから、ケガや転倒をしにくいように自宅をリフォームしておくべきだろう。

 

NEXT:転倒事故は男より女

スポンサードリンク

友達作り・人脈作り 人気教材ランキング

★第1位★人間関係構築の4ステップ孤独にならないための友達の作り方

★第2位★西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディ

★第3位★友達がいなかった孤独人間が1ヶ月で10人友達作りプログラム

★第4位★「また会いたい」と思われるフレンドリー・アプローチ・メソッド

生活・趣味 人気教材ランキング

★第1位★TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

★第2位★4時間55分の音声でハングル脳がみるみる目覚める超らく韓国語マスター術

★第3位★ドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

★第4位★3分ではじめる!簡単ベランダ家庭菜園ハッピーベジタブル

★第5位★自宅でトリミングトイプードルカット5ステップお手入れ方法DVD

★第6位★教習不要!ペーパードライバーらくらく脱出マニュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加