食べるものや体調で口臭は変わる

クサい年寄りは嫌われる。 

 

だから年を取る前に対処しておきたい。 

 

そのために、口臭の原因となる要因には早くからケアしておきたい。 

 

口臭は、他人に嫌われる大きな要因だから、何も年を取ってから対処し始めなくても良い。 

 

若いうちからだって、きちんと対処しておくべきなのだ。 

 

で、その口臭の原因としては、一時的なものと慢性的なモノがある。 

 

一時的なものと言うのは、一時的な体調不良や睡眠不足、ストレスや徹夜などによって出てくる臭い。 

 

疲れてくると、唾液にある物質が増えることがわかっているが、そう言う風に体調によって唾液の臭いというのは変わるのだ。 

 

それから食べ物による臭い。 

 

ネギとかタマネギ、ニンニクやニラなど臭いの強い食べ物は、口臭の大きな原因になる。 

 

禅宗のお寺の門前には、「葷酒(くんしゅ)山門(さんもん)に入ることを許可せず」という文言が書いてあったりするが、この葷というのは、ニラやネギ、タマネギやニンニクなどの臭いの強い食べ物のことだ。 

 

こういう食べ物は、性欲などを刺激して、悟りを開く邪魔なると言うことで、寺に入れないと言うことらしいが、口がクサくて他人の邪魔になるって事かも知れない。 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

相場師烽フ「ショットガン投資法」

ワンウイーク副業投資法

相場師朗の「株の10ステップ」

株は5日で利益を出す!