首のコリは、背中のコリと一緒にとろう。

首コリに悩まされている人は多いもの。

 

ただし実は、首の筋肉がこっているというより、肩や背中のコリが首に出ているって事の方が多い感じ。

 

ということで、実際にやってみて首コリに効きそうな動画を見つけてみました。

 

首の筋肉のストレッチ・動画

首には、胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋なんていう、細い筋肉が集まっているので、無理に強くストレッチしないで、軽く伸ばすつもりの方が楽になる感じですね。

 

ストレッチは20秒から30秒ほど延ばせばいいんですが、痛くない程度の強度にしないと、かえって身体の防御反応を刺激して体を硬くしてしまいます。

 

背中のコリをとる動画

こちらはフェルデンクライス・メソッドを応用した背中のコリを解消する体操だそうです。

 

三種類の体操を30秒ずつやりますが、ゆっくりと、心地よい状態で動きます。

 

ストレッチのように身体を伸ばすわけではなくて、動きの中で体の状態を再確認します。

 

肩というのは上腕骨と鎖骨と肋骨と肩胛骨でできているわけですけど、肩胛骨というのは実は、他の骨とつながっていません。

 

また肩周りの筋肉も、肋骨とは直接つながっていないので、肩周りを胴体と引き離して動かすこともできるわけですね。

 

この辺りをフリーにできると、けっこう楽になりそうです。

 

首をしなやかにする3つの体操

フェルデンクライス式の動きのレッスンです。

 

NEXT:猫背矯正は骨盤も大事



このサイトの情報は、様々な不快症状に一時的に対処するための情報です。不快症状が続く場合は、必ず病院で検査して医師の診断を受けてください。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加