骨盤を意識して健康維持記事一覧

骨盤のゆがみが、健康に関係するというのが最近は、常識となってきた。昔は骨盤はガッチリ固まった一つのモノで、形も変わらないし、仙骨と腸骨の間の関節の「仙腸関節(せんちょう・かんせつ)」も永らく動かない関節だと考えられていたそうだ。ところが仙腸関節が数ミリ程度の範囲で動く関節で、レントゲン以外でも形を確認できるようになった。それで骨盤が歪んでいるかどうか、それが骨格全体に及んでいるかどうか、確認できる...

健康な人は姿勢が良い。では姿勢を良くするにはどうすれば良いのか。学校などでは、「背筋を伸ばせ!」とか「胸を張れ!」なんてことが言われますが、これはダメ。というのもこれは筋力で無理矢理、外形を整える方法で、非常に疲れてしまうから。見た目だけを良くしようとしているので、これでは動けないし、第一身体をすり減らすやり方です。我々が求めているのは、リラックスした状態で良い姿勢になることで、そのために必要なの...

姿勢を良くするには、骨盤を前傾させ、胸が開いている状態を作れば良い。姿勢が悪いと言われる場合、たいていは猫背のことだが、これは骨盤が後傾して(後ろ側に倒れて)、背中が丸まり、あごが前方に出ている状態だ。猫背は「円背(えんぱい)」とも言うが、これでさらに「ゲヘヘヘ」と笑うと、非常に気持ち悪いヤツになるから、とにかくこの姿勢だけは避けないといけないね。この体勢では、あごが前に出るので、重い頭を首の筋肉...

姿勢を良くするためには、骨盤を軽く前傾させれば良い。おなかの力が抜けて、腰が丸くなっているタイプの人は、骨盤を前傾させると、それに連動して背筋が立ち、アゴが後ろに下がって姿勢が良くなる。骨盤を前傾させるには、開いている股関節を閉じれば良い。座っている姿勢では、骨盤を前傾させると、そのためには、背骨を中心に360度、全方向に息を入れて膨らませるイメージが重要だ。胴体を、緑茶やミネラルウォーターのペッ...