老後の健康作り・柔軟記事一覧

年を取ると一番困るのが、柔軟性がなくなっているって事だ。子供の頃や若い頃は、何の苦労もなく動けたことが、年を取ると苦労だらけになってしまう。たとえば五十肩は方に激痛が走って、後方に腕を動かせなくなってしまう。私も半年以上五十肩に悩まされたが、これは本当に辛い。それから老眼もやはり、目の筋肉の柔軟性が失われているって事で、目の疲れだけでなく、頭痛もひどいし肩こりもひどくなる。平均寿命が50才から10...

年を取ると体が硬くなる。固くなる原因は、関節周辺が固くなるからだ。身体の一部の関節が固まると動きがさらにぎこちなくなって、別の関節にも負担がかかり、その関節も固まることになる。そうやってドンドン身体から柔軟性が失われて、錆びた自転車のようになっていくわけだ。で、可動範囲が大きな関節で、他の関節に一番影響があるのが股関節だ。股関節が固ければ、膝や足首の関節も硬くなる。膝や足首の関節が硬くなると、逆に...

前屈ができない人を見ていると、なぜか必死に背骨を曲げようとしている。背骨を丸めて、指先をつま先に付けようと汗ダラダラで必死に頑張っている。だけど実は背骨はそんなに曲がらない。曲がらないからせいぜい指先が足先に届く程度。一方、前屈で手のひらが床にぺたっと付く人というのは、綺麗に股関節の所から曲がっている。二つ折りタイプの携帯電話のように、ちょうつがいである股関節の所からぺたっと折り曲がる形で前屈して...

前屈の第一歩は、腹や胸を太股に付けること。膝は曲がったままで良いので、まずペタッと付ける。折りたたみ式の携帯電話のように、パタッと折り曲がればOK。ここまでは、脱力すればいいワケなので、何にも力はいらない。で、この状態を保ったまま、膝を伸ばしていくという練習をする。、腹と太股を付けた状態から、ジワジワとハムストリングス筋群を伸ばして、最終的に手のひらを床にピタッと付けるまでヤルって事になる。練習法...

老後のための身体作り、柔軟性作り。今回は足の太股の裏側のハムストリングス筋群のストレッチだ。ハムストリングス筋群は、なかなか普段使わない筋肉なので、意識してストレッチして、使えるようにすることが重要だ。ところが床に腰を下ろした状態でしか伸ばせないとなると、ストレッチする頻度が落ちてしまってできない。その結果、ハムストリングス筋群が硬くなって、転倒などの事故につながったりする。と言うことで今回は、立...

前屈の練習で時間がかかるのは、太股の筋肉をなかなかゆるめられないってことだ。いわゆる「ハムストリングス筋群」という奴が強情で、膝がなかなかすんなり伸びてくれなくて苦労する。股関節というのは元々曲がるようにできているので、股関節からパタンと二つ折りになるのは、脱力が上手くできればソコソコすぐにできるようになる。ところが膝関節というのは、曲がった状態が自然で、膝が伸びきらないような仕組みになっているか...

身体を柔らかくするには色んな方法があるので、自分に適した方法が見つかるとラッキーだ。学校やクラブ活動で習う柔軟体操以外にも、ロルフィングやピラティス、フェルデンクライスというボディーワークなんかが有名だ。日本では、身体の操作法というのは武術から来ていることが多いが、ヨーロッパではバレエやオペラや舞踏のために、ボディーワークが発達したという歴史がある。たとえば前回紹介した、筋膜に刺激を与えて緩めるの...

股割りのための動画の紹介です。柔軟性を示すストレッチでは、前後開脚と股割りがよく取り上げられますね。前後に180度開いてペターっと足の裏が床に付く。左右に足を開いて、ペターっと上体が床に付く。こりゃ凄いねってみんな言います。ということで今回は、左右に足を開く開脚・股割りの練習動画を見ていきます。股割りの練習法・コツ・動画1この動画では、上半身をどうするかってところがコツですね。手のひらを横斜め下に...

下肢静脈瘤(かし・じょうみゃくりゅう)とは、太ももや膝裏、ふくらはぎなどにできる、血管のコブだ。下肢静脈瘤は、歳をとるにつれて多くなるの血管の劣化の一種だ。下肢静脈瘤では、血液がうまく流れず溜まってしまうため、むくみや脚のだるさが起こる。そして血管が膨らんで、ボコボコ膨らんでしまう。脚の中に、太いミミズが這っているような状態になることもある。ヒドくなると、足がつったり、痛みが走ったりもする。また血...