完全呼吸法とは、呼吸に使う筋肉を全て使う呼吸

完全呼吸法と呼ばれる呼吸法がある。 

 

ヨガにもあるし、他の呼吸法にも、完全呼吸法という名前の呼吸法がある。 

 

完全呼吸法という名前の呼吸法には、やり方は複数あるようだが、胸と腹と背中の三つを使って目一杯呼吸する点は共通している。 

 

胸式呼吸や腹式呼吸のところで書いたが、呼吸を受け持つ筋肉はいくつかある。 

 

いわゆる呼吸筋というヤツだが

  • 横隔膜
  • 内肋間筋、外肋間筋
  • 胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、(頭を支える首の筋肉)
  • 腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋(腹回りの筋肉)
などが呼吸筋にあたるという。 

 

横隔膜や腹筋を動かして行う呼吸が、腹式呼吸。 

 

肋間筋(肋骨を包んでいる筋肉)を動かすのが胸式呼吸ということになる。 

 

また首を取り囲んでいる斜角筋群や胸鎖乳突筋(耳の下からノドの下につながっている筋肉)も呼吸に関係している。 

 

つまり首をうまく動かすだけでも呼吸が楽になるって事だ。 

 

肋間筋のストレッチ・動画



呼吸筋の働き

完全呼吸法というのは、呼吸に使う筋肉を全て使って行う呼吸法だ。 

 

呼吸に使う筋肉は、腹式呼吸に使う横隔膜や腹筋群、胸式呼吸に使う肋間筋(外・内)と、首の周りの筋肉。 

 

肋骨周り腹回り首回りの筋肉だ。 

 

安静時に、何も意識せずに行う呼吸の場合、横隔膜と外肋間筋を収縮させて吸い、それを緩めることによって息を吐く。 

 

大量に酸素が必要な場合は、その他の呼吸筋を使ってたくさんの空気を吸う。 

 

つまり普通、身体は努力して息を吸い、努力せずに息を吐いている。 

 

呼吸法というと、呼気(空気を吐く)をコントロールするモノが多いから、呼吸というのは息を吐くことで行っているような錯覚・イメージがあるが、実際に身体が行っているのは、努力して大量の空気を取り入れるって事だ。 

 

激しい運動などをして息が上がっているときは、腹も大きく動くが、肩も上下してたくさん空気を吸い込もうとする。 

 

逆に「ため息」なんて言うのは、力が抜けた状態で漏れる息であるから、息を吐くこと自体は、何もしなくてもできることだったりするわけだ。 

 

肩を上げて大きく息を吸い、腹を使って息を吐くって事だな。 

このサイトの情報は、様々な不快症状に一時的に対処するための情報です。不快症状が続く場合は、必ず病院で検査して医師の診断を受けてください。
広告

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガフルーツ 飲むダイエット
ヨガフルーツ&スムージー
プロテオグリカン配合
PG2ピュアエッセンス
リンキーフラット しわ伸ばし
リンキーフラット/スキンケア訴求
麻布十番塩澤式 エスティング
35歳向けLP