肩胛骨をスムーズにして手を長くする

肩胛骨をスムーズにして手を長くする

★「笑っていいとも」「スッキリ」にも出演!宮原もとみのアンチエイジングの鬼プログラム

姿勢が良くなると、手足が長く見えるって本当?

スタイルのいい人は、
手が長いという印象ありませんか?

 

姿勢がいい人というのは、
手足が長いという印象、ありませんか?

 

でも実際よく見たり比べてみると、
そんなに長くなかったりして、
ビックリしたこともあるでしょう。

 

実は手足というのは、
実際の長さ以上に長く見せることが可能です。

 

たとえば野球選手のイチロー、
インタビューを受けているところを見ると、
手足がそんなに長いようには見えない。

 

ところが野球をやっているときは、他の選手より格段に手足が長く見える。

 

理由は簡単で、彼は肩関節や股関節から手足を動かしていない。
もっと奥の方から手足を使っているわけです。

 

手で言えば、まるで背骨から手が生えているような動きなんですね。

 

服でも手が長く見えるようなデザインってありますが、
あれも首の根本から指の先までが、つながっているように見えるようなデザインです。
足だって、ハイレグ水着のようなデザインなら、長く見えるでしょう?

 

そう言う風に、身体の根本から手足を動かすことができるようになると、
手足は実際よりも長く見えるようになって、かなり格好良くなります。

 

でもその前に、肩胛骨を柔軟にして、スムーズに動くようにストレッチは必要ですが。

 

肩胛骨のスポーツ・ストレッチ・動画

 

上下のストレッチ
  1. 両手を頭の上に挙げて伸ばす(手のひら内側向け)
  2. 手のひらを外に返しながら(外旋)、肘を曲げて肩胛骨を内側に寄せる。
  3. 手のひらを打ちに向けながら、肘を伸ばして最初の位置に戻る。
  4. 繰り返し(20回くらい)

インストラクターの肩は鉛直方向で腕が動いています。

 

肩胛骨の間を、拡げたり狭めたりして肘を動かす運動
  1. 両手の甲を腰の後ろに当てる。
  2. 肩胛骨の間を拡げることによって、両肘を前に出す。
  3. 肩胛骨の間を狭めることによって、両肘を後ろに下げる。
  4. 繰り返し

 

最後は、大きく腕を前回し10回、後ろ回し10回です。

 

 

NEXT:


スポンサードリンク